マンション売却には、一般的にどのような方法があるのでしょうか。
実は不動産の買取を専門に行う業者が増えたことにより、不動産会社による仲介で買主を探す方法以外にも売却方法の選択肢が広がっています。

代表的な2つの方法を、メリットとデメリットを含めてご紹介いたします。

仲介(媒介)の場合

マンションの売却の方法と聞いてはじめにイメージするのは、おそらく「仲介」ではないでしょうか。

売主は不動産業者に相談し、媒介契約を結びます。
不動産会社は仲介業者として、ホームページや広告を使い買主を探し、興味を持ってくれた第三者に対して売却します。

仲介の場合、不動産会社はマンション売却のサポートをする立場となります。
契約を締結する際には、不動産会社との契約が「一般媒介」なのか「専任媒介」なのか、その種類にも注意が必要です。

仲介が適している場合とは?

購入したい人を探して売るするため、一般的に見て、売却価格は買取より高くなるのが仲介のメリットです。

デメリットとしては、いつ売却されるかわからないため計画が立てづらいこと、見えないところにリフォームが必要になったとき、修繕費用がかかる可能性があるなどが挙げられます。

時間に余裕がある場合は、高値で売却することができる仲介がよいかもしれません。

買取の場合

買取とは、不動産会社が自ら買主となって、売主と売買契約を締結することをいいます。
第三者が購入するのではなく、買取業者である不動産会社が買い取ってくれる点が、仲介とは大きく違います。

そのため、イメージとしてはリサイクルショップに似ています。
いらなくなった洋服や家電を査定に出し、買取業者に買い取ってもらいます。
業者はそれらを点検、必要があれば多少の修理をした上で、買取価格より高値で販売することで利益を得ます。
この仕組みをマンションなどの不動産に取り入れる業者が増えてきたのです。

買取のメリット

時間をかけずに売却が可能

購入希望の第三者を探さなくていいため、金額に合意できれば、時間をかけずに売却手続きを行うことができます。
最短3日から1週間で、マンションを売却したお金を手にすることが可能です。
急いでマンションを売りたいという場合には、非常に助かる方法といえそうです。

時期や金額も確定しやすく、その後の計画が立てやすい点もメリットといえるでしょう。
いつ売れるかわからないといった不安や心配をすることも少なくなりそうです。

周囲に知られることがない

周囲の人に売却していることを知られずに済む点も、買取のメリットと言えます。
販売中などの広告が出ることがないため、秘密にしたままマンションを売ることができるのです。

仲介手数料が不要

仲介ではないため、不動産業者に対しての仲介手数料がかかりません。
一般的に3000万円に対して100万円、2000万円に対して70万円程かかるといわれる仲介手数料がかからない点は、大きな魅力といえるでしょう。

リフォーム費用がかからない

通常、マンションなど不動産を売却する際には、畳替えや壁紙の張替、専門の業者によるハウスクリーニングなどのリフォーム費用がかかります。
さらに、長く住んでいる物件であればあるほど、大掛かりなリフォームが必要になることも。

しかし、買取であればその費用はかかりません。
余計な持ち出しが発生する心配がないことも嬉しいポイントです。

不要瑕疵(かし)担保責任を問われることがない

第三者が買主となり、不動産会社の仲介によってマンションを売却すると、売主には「瑕疵担保」という責任が発生します。

瑕疵担保責任とは、雨漏りや配管設備など隠れた箇所に不具合が発覚した場合、売却後であっても、一定の期間内は売主に修繕の義務が発生するというものです。
築年数が古い場合は特に、老朽化によって見えない瑕疵が多く発生している可能性があります。

買取の場合はこの責任が免除されることになっているため、万が一という心配を減らすことができます。

この他にも、マンションの内覧希望の受け入れが、不動産会社に対する1回だけで済むことなどもメリットです。
また、住宅ローンが売却で完済できず残債務がある場合に不動産業者が金融機関と掛け合ってくれることなど、仲介にはないメリットがたくさんあります。

買取のデメリット

売却価格が低くなることです。

業者により様々ですが、一般的に「通常の販売価格の7割から8割」であると言われています。
つまり、2000万円の価値がある物件だったとしても、1400から1600万円まで価値が下がる場合があるということです。

仲介を依頼するよりもはるかに安い金額に合意ができなければ、買取業者に依頼することは難しいかもしれません。

まとめ

手続きの手軽さや負担の軽さなど、買取のメリットには魅力が多いのではないでしょうか。
しかし、特別な事情がない限りは、仲介による売却の方が、物件の価値を下げずに取引をすることができそうです。

いずれの場合も、不動産会社によって金額やプランに差があります。
自身のライフプランや資金計画などと照らし合わせ、ベストな売却方法と業者を選択しましょう。