マンションを売却するときに、価格がいくらで設定できるのか、相場を調査するのと同時に、覚えておきたい基礎知識があります。
それは、不動産業者とマンションの売買契約が成立したときに発生する手数料のことです。

この手数料のことを仲介手数料といいますが、マンション売却をにスムーズに進める上で、事前に知っておきたい言葉でもあります。
仲介手数料について、そして関係する知識についてご紹介します。

マンション売却時の費用?不動産業者に支払う仲介手数料とは

仲介手数料(媒介手数料)とは、不動産業者に対して成功報酬として支払うものです。

冒頭でもご紹介したとおり、契約が成立して初めて発生するため、不動産業者にはマンションの売買契約が成立しないとお金が入ってこないということになります。
ただし、不動産業者によっては無料にしているところもあります。

上限があることを押さえておこう

「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」という法律で上限が定まっているため、規定以上の報酬を支払う必要はありません。
これは不当に高い金額が請求されないためのものですが、なかには上限を超えた請求額を提示する、悪徳業者もあります。
こうした業者に引っかからないためには、売主側も仲介手数料についての知識を持っておく必要があります。

また不動産業者と交渉をするときに、話がスムーズに進められるかどうかにも影響しますので、ぜひ上限があることを覚えておいてください。

仲介手数料の上限額を計算してみよう

計算で求めることができます。例えば、取引額が200万円以下の金額の部分は取引額の5%以内(税抜)となっています。
取引額が200万円を超えて、400万円以下の金額の部分は、取引額の4%(税抜)が上限額となります。
さらに取引額が400万円を超える金額の部分は取引額の3%以内(税抜)というのが上限となっています。

例えば売買価格が700万円だった場合、以下のように計算されます。

売買価格が700万円で売却するときの上限額

ⅰ.200万円までの部分
 200万円×5%=10万円

ⅱ.200万円超400万円までの部分
 200万円×4%=8万円

ⅲ.400万円超700万円までの部分
 300万円×3%=9万円

ⅰ+ⅱ+ⅲ=27万円(税抜)

消費税がかかることも忘れずに

実際には、上記の計算式に加えて消費税分の負担も必要となります。
消費税を加味せずに計算してしまうと、思わぬ出費となる可能性がありますので、注意が必要です。

仲介手数料に関する法律を誤解しないで覚えて不動産会社に注意をしよう

ただし、あくまでもこれは上限であって、必ず支払わなければいけない金額ではありません。無料の不動産業者があるのはこのためです。

仲介手数料は不動産業者が自ら上限を超えないように設定しなければなりません。
上限額を、あたかも法律で決められた金額であるとか、率であると主張する不動産業者は、本当のことをいっていないことになります。
決まっているのは上限であり、安くしても何ら問題がないのです。
こうした話を持ち出してくる不動産業者は、売り主が素人であるからと思って、上限金額を提示してくる可能性があります。

マンションの売却を任せるのであれば、信頼のおける不動産業者に任せたいですよね。こうした話をする業者を避け、信頼できるところを見つけるようにしましょう。

仲介手数料の安さだけで不動産会社を選ばない

価格設定の方法が決まっているわけではないため、値引き交渉しようと思えば、しても問題はありません。
ただし、あまりにも安くしてもらって、不動産業者の販売意欲をなくしては、本末転倒ですから、妥当な額を提示し、無理を言い過ぎないことも大切だといえます。

また、仲介手数料の安さを売りにして、売却先を募っているところもあります。
が、チラシや販売活動のコストも、仲介手数料の中に含まれています。

安いからと言って、広告が手薄だったり、販売促進に力を入れてくれなかったりするようなところは避けたいもの。
しっかり任せられるかを判断をするためには、手数料の安さだけでなく、どのような広告手段で売却先を見つけてくれるのか、販売活動をどのようにするのかなどについても話を聞き、不動産業者を選ぶことをおすすめします。

不動産業者には仲介手数料をいつ支払うの?そのタイミングを覚えておこう

仲介手数料は成功報酬のため、売買契約成立後の支払いとなります。
一括での支払いを請求するところもあれば、売買契約をした後に半分、マンションの引き渡しをしたときに半分など、分割して支払っても良い不動産業者も存在します。
分割だと思っていたら、実は一括だった、なんてことのないように、はじめに、支払いタイミングについて確認をしましょう。

まとめ

仲介手数料をできるだけ安く抑えたいと思うかもしれませんが、早くマンションの売却先が見つかって、相場より安い価格で売却しないことも、不動産選びの大事な要素です。

そのために、仲介手数料の基本的な知識を覚えて、損のない不動産契約ができるように準備をしましょう。