新たな生活を送るため、マンションを引き払って、お金の準備をしようと考えている人はいませんか。
居住しているマンションを引き払う理由は色々あるでしょうが、いざ売却しようとする際には、安い価格では売りたくはないですよね。

そこで頼りになるのが、一括査定サイトの存在です。査定された自宅の価格が相場通りかなどを、簡単に調べることができます。
今回は、マンション査定をしてもらう時の注意点から、一括査定サイトを利用するメリットを考えてみます。

相場よりも低価格になっていないかを確認する方法は?

不動産業者に査定をお願いした場合、その価格が果たして相場通りなのか、とても気になる人が多いのではないでしょうか。

事前に近隣の中古マンションの価格や、新築マンションの価格を調べておくことは重要ですが、築年数や階数により価格は異なってくるため、何を参考にするといいのか迷う人もいるかもしれません。

相場よりも価格が低くないかをチェックする方法には、大きくふたつあります。
ひとつは複数の不動産業者に依頼する方法、もうひとつは一括査定サイトを利用する方法です。
それぞれの特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。

複数の不動産業者に査定を依頼するメリットとデメリット

複数の不動産業者に査定をお願いすることで、高い価格でマンションを売却してくれるところを探しやすくなります。

複数の不動産業者に査定を依頼して、その結果が全く同じになるといいのですが、不動産によって査定額に開きが出てくることもあり得ます。
売り手としては、できるだけ高い金額で売りたいもの。損をしないためにも、複数の不動産に査定をお願いしておくのが良さそうです。

ただ、複数の不動産業者屋に査定をお願いするには、手間も時間もかかることになります。
査定のためとはいえ、時間をとるのが難しい人もいますよね。

そんな時におすすめなのが、一括査定サイトです。

一括査定サイトとは?そのメリット・デメリット

一括査定サイトを利用すれば、手間や時間をかけずに適正価格を知ることができます。

一括査定サイトとは、一度の連絡や情報提出だけで、複数社から査定を出してもらうことができるものをいいます。
サイトの種類によって異なりますが、多くのサイトでは、一度に数社、または十数社の査定を確認することができます。

また操作方法も簡単なので、マンション売却の知識がなくても、気軽に利用できるというメリットもあります。

デメリットとしては、複数社からメールが届くという点です。
受けたメール全てに返信する必要はないので、それぞれの査定額を見比べて、最低限のメールに返信するのがよいかもしれません。

また電話がかかってくることもあるので、日中電話に出られない人は、煩わしさを感じることもあるかもしれません。
希望の電話時間を伝えておけば、その時間に折り返してくれます。

ただ、インターネット以外の不動産業者の査定は、一括査定サイトの査定結果を担保する意味でも、大事なことになります。
一括査定サイトを利用しながら、不動産業者の店舗で対面をして査定をしてもらうのもおすすめです。

マンションの査定をしてもらうときの注意点は?

ここで、査定額を少しでもあげるための注意点をご紹介します。
不動産業者屋に査定をしてもらう前には、エアコンや給湯器、ガスコンロなど、住宅設備に不具合がないかしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

マンションを売却するためには、不動産売買契約書を締結することが必要です。
そのときに、売約主は買い主に対して、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を負うことになります。

「瑕疵担保責任」とは、普通の人では発見しにくい、欠陥があったときに、補修費用などの負担をしなければいけない責任です。
その責任を負うことがないように、室内の設備状況をしっかりと確認をしておくことが大切です。

まとめ

マンションは、中古であっても個人の資産であることに間違いはありません。売り主からみると、できる限り高価格で売却したいと思うのは当然でしょう。
だからこそ、相場からかけ離れた価格で売却するということは避けたいもの。

そのためにも、一括査定サイトを利用して、好条件で売りに出してくれる不動産業者を見つけましょう。
不動産業者に直接あたるだけでなく、一括査定サイトなどを利用しながら、少しでも好条件で売買が成立するように、効率よく準備を進めましょう。