ライフスタイルの変化によって、マンションでの居住が不便になる人もいるでしょう。
そんな時には、現在居住している先を売却して、ライフスタイルにあった新居へ移り住む計画を練ることになるかもしれません。

そこで重要なことが、現在のマンションが売却できるかということと、新居に移り住むための資金をどのようにするのかということ。
新居資金をまかなうためにも、少しでも高い金額で売りたいですよね。そんな時にチェックしておきたいのが金利です。

マンションの売却タイミングと金利の関係

売却先である購入者が中古のマンションを購入する場合、住宅ローンを利用する人は多いものです。住宅ローンを少しでも安く抑えるためには、金利の低い時にローンを組むことが大切です。
このように、住宅の購買意欲は、住宅ローンがお得な時期である、低金利の時期に高まるのです。つまり、売却にはいいタイミングといえます。

低金利で住宅ローンが組めるということは、それほど強い値下げ交渉をされる可能性も低いと考えられます。そのため、値下げ交渉にあわずに、売却できるチャンスというわけなのです。

売り手が新たな住居を購入する点でもメリットが!

金利が低いということは、自分自身が移り住むための準備資金を借りる時期としても有利だということを意味しています。

マンションを売る際のメリット

ローンが残っている場合、売り手はローンを完済する必要があります。低金利ならできるだけ少ない時期に繰り上げ返済ができるので、手数料がかかったとしても、他の時期に比べて負担を減らすことができる可能性があります。

マンションを購入する際のメリット

他の購入者同様、低金利で住宅ローンを組むことができるので、よりお得にローンを組むことができます。

おそらく多くの人が、新たに住宅ローンを組んで新居を購入することになるでしょう。
住宅ローンにはいくつか種類がありますが、その中にはローンを組んだ時の金利のまま、返済を続けることができるものがあります。
組んだ時期よりさらに低い状態が続く場合は損をする制度ですが、上昇していった場合に大きな得を取ることができます。

特に「これ以上ないほど低い」と言われる時期は、住宅ローンを組むのに適した時期。
それ以上さがらないという保証はありませんが、得をする可能性が高い時期でもあります。
マンションを売って、新しい住まいを手に入れたいと思っているなら、ちょうどよい住み替え時期といえるかもしれません。

マンションを売る場合も購入する場合も、どうしてもまとまったお金が必要になります。
それらの大部分を、現在のマンションを売ったお金でまかなえるのであれば、これほど嬉しいことはありませんよね。
住宅ローンがお得で、新築価格が高騰している時は、中古物件を手放すチャンスと言っても良いかもしれません。

新築物件が高騰している時期が重なればさらにチャンス!

低金利の時期に、新築物件の価格高騰や高止まりの時期が重なっている場合、現在のマンションはさらに売りやすくなります。

一般的に、新築マンションは新築の戸建に比べて高い傾向があります。また需要が高い時期だと、どうしても新築マンションの価格は高止まりしてしまうもの。
さらに低金利の時期が重なると、購入希望者は中古の検討を前向きに考え出すよようになります。

またリノベーションで新築同様に作り変えるという選択肢もあるため、あえて新築ではなく中古を狙うという人もいるほどです。

新築物件の相場を確認してみて、高止まりしているようなら、住み替えを検討してみる、という考えもありかもしれません。

タイミングを大切にして夢を現実にしよう

マンションの売却も、新居の準備にも、低金利な時だからこそ、実現の可能性が強いといえるでしょう。
不動産は巡り会いが大事だともいわれていますが、金利が低いというタイミングを逃さないようにできるといいですね。

新居に移り住むためには、入念な準備としっかりとした計画が需要になります。
ライフスタイルにあった、充実した生活を送るためにもタイミングを逃さないように準備を進めましょう。

新築の価格が是正されてしまっては、中古の需要も落ちてきますし、金利が高くなっても同じことがいえますので、両方の条件がそろっている時期がチャンスであると考えられます。

まとめ

マンションを売却するには、タイミングが重要です。そのタイミングのひとつとして、住宅ローンの金利が低下している時期は、マンションを売るにも買うにもおとくな時期といえます。

特に新築物件が高い時期は、お得な住宅ローンとあいまって、中古物件の需要が高まる傾向があります。
新築物件の価格が調整されてくると、売却をするまでに時間を要する可能性が。その時にマンションを売りたいと思っても、買い手がつかないかもしれません。

タイミングを逃さずに売り時を逃すことがないように、しっかりと検討をしていきましょう。