マンションを売却したいけれど、築年数が経っているので高く売るのは難しいのではないか…と諦めていませんか?
実は築年数が経っていても、ある条件を満たせば、高く売却することができます。

今回は、築年数の経った物件が高く売却できない理由、そして高く売るためのコツについてご紹介します。

築年数の経っているマンションはなぜ高く売却できないのか

築年数を重ねると、マンションはどうしても高く売れなくなってしまいます。
その理由を大きく3つにまとめました。

建物自体に魅力がない

新築や築浅の物件に比べると、築年数の経った物件はどうしても魅力に欠けてしまいます。
これは外観などの見た目の美しさだけでなく、設備面などにおいてもいえること。

どれだけしっかりメンテナンスをしていても、最新の設備を入れている新築や築浅物件に比べると、どうしても見劣りしてしまう傾向があります。

住宅ローンの借入額が少なくなる

住宅ローンは建物や土地を担保に融資を受ける制度です。
そのため土地や建物の価値が低いと、どうしても借入れできる額が少なくなってしまいます。

マンションの場合、築年数が経っていると、どうしても借入額が少なくなってしまいます。新築や築浅物件に比べて低価格とはいっても、数千万円にものぼる買い物であることに間違いはありません。
手元に資産があれば良いですが、そうでない場合はどうしても古いマンションは敬遠されてしまう傾向にあるようです。

膨大な修繕費用がかかる場合がある

購入後に設備の不具合が発生した場合、マンション内で修繕積立金が貯まっていないと、手元の資金から費用を出さなければならなくなることがあります。

中古マンションは新築や築浅に比べて、修繕回数がどうしても多くなってしまうもの。
例えば買主が入居後、すぐに外壁の修繕があったり、エレベーターの補修があったりしても、おかしな話ではありません。

共有部分の修繕費用は通常、積立金から捻出されますが、中には積立できていないマンションもあります。
そうなると、住民が実費で修繕費を工面しなければならなくなってしまいます。こうした負担を嫌い、中古マンションを選ばない人もいるようです。

こうした理由から、中古マンションはなかなか高値がつきにくい物件となっています。
しかし、ある条件が揃っていたり、見せ方を工夫したりすることで、中古マンションであっても比較的高値で売却することができます。

築年数がたっているマンションを少しでも高く売却するには?

今回ご紹介するコツは、いずれもすぐに実践できるものばかりです。
マンションを売り出し中の人はもちろんのこと、これから売り出そうとお考えの方も、ぜひ今から実践してみてください。

訴求ポイントを明確にする

築年数に左右されない訴求ポイントを明確にして、買主に訴求することで、より高く売却することができます。

例えば学力の高い小学校の学区内にある場合は、それだけで強い訴求ポイントになります。
特に、すでにマンションや戸建てを購入しているものの、子どものために学区を変更したいと思っている親にとっては、価格の安い中古マンションは魅力的に映る可能性があります。

その他にも間取りや日当たり、周辺に便利な施設が多いことなども、訴求ポイントとして十分な力を発揮してくれます。
まずはお住いのマンションにどんな訴求ポイントがあるかを書き出し、買主にもわかりやすく明示するようにしましょう。

悪い点も伝える

悪い点はつい隠してしまいがちですよね。
しかし、逆に、悪い点はしっかり買主に伝えておいたほうが、あとで価格は下がりにくくなります。

中古マンションですから、ある程度悪い点があることは、買主も想定しているでしょう。
にもかかわらず、良い点ばかりを訴求してしまうと、買主は「本当のことを言っているのか」「隠していることがあるのではないか」と心配になってしまいます。
結果、購入に結びつかなかったり、疑心暗鬼になって価格を下げるよう要求されたりする場合があります。

良い点だけでなく悪い点も同時に伝えることで、買主との間に信頼感が生まれ、購入してもらいやすくなるので、隠さずに話をしてみましょう。

リノベーションできるかどうかを確認しておく

中古マンションの購入を検討する人の中には、リノベーションを前提にしている人もいます。
事前に管理人や不動産業者などに、リノベーションができる物件かどうかを確認し、それを訴求ポイントにするのも一つの方法です。

リノベーションとは、工事によって居住空間の性能を新築同様にしたり、工事をして水回りを変更したりするような、大規模な工事のことを指します。
リフォームよりも規模が大きく、費用もかかりますが、その分最新の設備を入れることができたり、希望の間取りにすることができたりと、様々なメリットがあります。

ただし、すべての物件でリノベーションできるわけではありません。
マンションによっては禁止しているところもあります。

リノベーション可能物件は、それほど多くはないため、大きな訴求ポイントになります。
まずは一度、管理人か不動産業者に確認してみましょう。

まとめ

築年数が経っていても、高く売ることは可能です。
特に今回ご紹介したポイントが、価格を下げないためのポイントですので、ぜひチェックしておいてください。